屋台で美味しい物を

屋台で美味しい物を

日本ではどこへ行っても美味しい食べ物を食べることができます。他の国と比較してもご飯が美味しい国と言われており、食生活に自信を持っているのが私たち日本人だと言えます。そんな日本では、基本的な飲食店以外にも屋台というシステムを採用した、食事処が存在しています。今回はそんな屋台の魅力を紹介していきたいと思います。 屋台の魅力  屋台というシステムを多く採用している、食のジャンルと言えばラーメンがまずあがってくるでしょう。特に博多ラーメンで有名な福岡では多くのラーメン屋台を楽しむことができます。他の飲食店でお酒を飲んだ後に、締めとして屋台のラーメンを食べるのも良いですし、最初から屋台でおなか一杯になるまでたくさん食べるというのも良いでしょう。一人でもお店に入りやすいというのは魅力の一つだと言えるのではないでしょうか。飲食店によっては中々一人では入りずらいということもあるので、こうした部分はメリットだと言えるでしょう。

屋台を営業しよう

屋台を営業しよう

飲食店を始めるにあたって大きな壁となりうるのが、テナント料の高さです。特に東京などの都市部で飲食店を始めようとすればとても大きな金額がかかります。そのためある程度の売り上げが最初から予測されていなければ、とても厳しい経営となってしまいます。そこで一つの方法として挙がってくるのが屋台ではないでしょうか。 テナント代を大きく節約 屋台というのは建物の中で行うものではないために、当然高額なテナント料を払わずに済みます。設備量はもちろんかかりますが、それは実際の店舗でも同じことです。それに比べれば大きくお金を節約しながらお店を持つことができるでしょう。屋台を開くために必要なことはいくつかあります。 その中の一つが食品衛生責任者の資格です。日本では法律でこの食品衛生責任者の資格が無くては屋台を開くことができません。この資格を取るのは難しいことではありませんので安心してください。お金を払って講習を受ければ取得できます。