屋台を営業しよう

飲食店を始めるにあたって大きな壁となりうるのが、テナント料の高さです。特に東京などの都市部で飲食店を始めようとすればとても大きな金額がかかります。そのためある程度の売り上げが最初から予測されていなければ、とても厳しい経営となってしまいます。そこで一つの方法として挙がってくるのが屋台ではないでしょうか。

テナント代を大きく節約

テナント代を大きく節約 - 屋台を営業しよう

屋台というのは建物の中で行うものではないために、当然高額なテナント料を払わずに済みます。設備量はもちろんかかりますが、それは実際の店舗でも同じことです。それに比べれば大きくお金を節約しながらお店を持つことができるでしょう。屋台を開くために必要なことはいくつかあります。

その中の一つが食品衛生責任者の資格です。日本では法律でこの食品衛生責任者の資格が無くては屋台を開くことができません。この資格を取るのは難しいことではありませんので安心してください。お金を払って講習を受ければ取得できます。

News Reporter