早岐茶市

芋づる

嬉野茶、そのぎ茶

 

芋刺し(定植)のための芋の苗をこの季節に植えるため、早岐茶市でも一番の人気商品。

午前7時ころには完売する。常連さんはお気に入りの

ところで予約しているようです。

なんといっても一番はお茶でしょう。

かつては1年分買って帰られるのが多かった。

また、以前は九州のお茶の相場は早岐茶市で決まって

いたと言われています。

五月の香りがする一番茶をどうぞ。

かんころ餅

えいがんちょう

西彼杵半島で美味しいさつま芋で作った餅が適度な

甘さで美味しくいただける。

やはり農家の方が作られた「手作りでかんころ餅」が

一番の人気。

これも早朝でないと売り切れそう。

予約された方が無難です。

鱏(えい・スティングレイ)の干物。

写真下の黒い部分を取り、味醂干しにしたものは時折見かけるが、写真上のように表面が黒いままのは売っ

てない。

茶市だけの商品で終わったら入手ができません。

全国でも2~3ヶ所の地域で売っていると聞いている。

炙って固いものでたたけば綿のようになったものを食す。

刃物

八朔、甘夏、夏みかん

 

 

生活刃物、鋤や鍬、魚を料理する出刃包丁、野菜切包丁などなんでもあります。

早岐茶市では松原包丁に代表される大村の生活金物

が主です。

 

 

近隣農家の八朔、甘夏、夏みかん。